アクセス解析でSMOOSYを改善している話

こんにちは。システム開発グループでデザインを担当しているTAKです。
私はアトラスで会員管理支援サービスのSMOOSYのデザインを担当しています。立ち上げから数年経過し、その間もデザインの変更や機能の追加を繰り返して、SMOOSYは継続的に変化しています。

適切なデザインと機能を

機能やUIを変更するために、SMOOSYでは毎月アクセス解析を使い、SMOOSYがどう活用されているのかを調べて適切なデザインや機能を実装しています。

アクセス解析その1

アクセス解析その2

毎月Googleアナリティクスで得た分析結果を元に、開発チーム内で情報を共有しています。PV数、アクセスの多い時間帯、ユーザーの各情報(デバイス、OS、ブラウザ、解像度)、サポートサイトのアクセス、検索ワード、機能ごとのページビューなどから現在の傾向を分析して、どのような改善が必要なのかやどう改善できるかを、分析結果を参考にして実施しています。
例えばブラウザでは、サポートが終了するブラウザの利用率を調査してサポート期間を決めたり、使用率が高いデバイスのサイズを表示基準にしています。
またSMOOSYはユーザーに優しいシステムでありたいので、困った時に見るサポートサイトの閲覧数からどの機能のヘルプページが見られているのかを調べて、なぜそのページが見られているのかも調査しています。

分析結果は一覧に

アクセス解析のデータは、月毎に一覧で確認できるようにまとめています。こうすることで変化が一目で分かりやすくなるようにしています。

アクセス解析その3

情報を1ページに細かくまとめることで、必要な情報の増減や有無を簡単に調べることができます。ページビュー数、アクセスの多い時間帯、閲覧&離脱、デバイス、OS、ブラウザ、解像度、サポートなど、ページの利用状況を一目で比較できるようにしています

まとめ

現在は毎月の集計データを元に、SMOOSYの検索機能の改善を進めています。UIが変わるため、今まで検索機能を使用していた方にとって今より使いにくくなったと思われないよう、むしろ「使いやすくなった!」と思ってもらえるようにしていきます。
リリースしたらそのまま、ではなくユーザーに寄り添うSMOOSYであるために、今後も改善に努めていきたいと思います!

この記事を書いた人