自宅のテレワーク環境を快適にしてみた

こんにちは、大場です。新型コロナウイルス感染防止対策としてテレワークの方が多くなっているかと思いますが、みなさまはどんな環境でテレワークしていますか?

私はもともと自宅にあったデスクは主人と一緒に使用してたので、リビングでモニターを持ってきて仕事をしていました。ただリビングでやるとなると、主人の出勤時間帯が少し遅い場合、キッチンでお湯を沸かし始めたり、食器をガチャガチャしたりと、いろいろ彼の動きが気になる・・・。

テレワークも長期化したことですし、いい加減きちんと整備しようと思いまして、最近やっとテレワーク環境を整えました。というわけで、困っていたことを挙げてどんな環境になったか少し紹介しようと思います。

困っていたこと(1)

リビングでテレワークしていて困っていたことが1つありました。それはWi-Fiが不安定になることでした。有線LANの方が安定するよなぁと思ってたのですが、LANケーブル用のポートもルーターも近くになかったのでどうしてもWi-Fiを使わなければならない状態でした。

その不安定さを解消すべく、テレワーク用とした部屋ではLANポート近くにデスクを設置し、有線LANで繋ぐように変えてみました。有線LANでテレワークするようになって数日経ちましたが、有線LAN快適や・・・、と感じています(笑)Wi-Fiの時は、たまにMeetやZoomでの打ち合わせで固まったり音がプツプツ切れてしまったりすることがあったのですが、有線LANにしてからそれがなくなりました。ネットワーク環境がよくないとストレスに感じますよね。このちょっとしたイライラから解放されました。

困っていたこと(2)

もともと持っていたディスプレイは23インチぐらいのものでした。リビングでテレワークをしていたので、不要な時に片付けるためにはこのサイズ感でちょうどよかったのですが・・・。業務では設計書や試験仕様書などをよく使用したり作成したりするのですが、スプレッドシートが横にも縦にも長いものが多いので、映る範囲が広くないとやりにくい。そして、会社では4Kディスプレイを使っているので、やはり4Kディスプレイの方が使いやすい!と思いまして、この機会に新しく購入しました。

ディスプレイは、CTOから4Kで安いのはこれ!と情報を共有してもらっていたのですが、最終的にCXOの「電源ケーブルが要らなくなるし」とのSlackのつぶやきを見て、やっぱそうだよねと思い、USB Type-CのポートのあるDELLの27インチ4Kディスプレイにしました。参考になる情報をみんなSlackなどで共有してくれるので助かります。(モニターアームも薦められているので検討中)

そして、弊社ではテレワークの長期化によりディスプレイや椅子の貸し出しも始まりました。もうすでに何人か申請してディスプレイを自宅に持ち帰り使っています。私も4Kを2台にしたいなと思い始めたら、申請しようかと考え中です。

最終的なテレワーク環境

そんなこんなで快適になった環境はこちら!

完成したテレワーク環境

ディスプレイがいっぱいですね(笑)iPadは、Skypeのさぎょいぷ部屋に繋いでいます。(さぎょいぷとは)iPad Proの方は、プロジェクトペーパー代わりに考えをまとめるためのメモとして使うこともしばしば。ペーパーレスですね。

こうやって自分の使いやすいように配置して、私の場合はさらに部屋を変えたので、気になってしまう要素が減って、集中しやすい環境になりました。

弊社のテレワーク規定ではテレワーク環境は各自で構築することになっています。ただ、テレワーク環境を整えるために、ディスプレイの貸し出しなど会社でもバックアップしてくれるのは嬉しいですね!とてもありがたいなと思います。そして、メンバーのテレワーク環境も参考にしつつ、より快適な空間にしていこうと思います。

この記事を書いた人

合わせて読みたい